八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

①肌の再生 成長因子・サイトカインの外用療法に「サイトプロMD」を導入しました

私たちの肌には、生体信号と呼ばれる
細胞の増殖や生化学的機能を調整する因子が存在します。
それらの信号により、紫外線や老化による
肌細胞の日々のダメージを修復しています。
その信号が働かなくなると美しく若々しく健康的な肌は
保たれなくなります。

近年は、幹細胞を利用した肌や臓器の再生医療が
進歩しています。
この幹細胞を使用した治療は、国で指定されている機関
でしか行えませんが、この生体信号を豊富に含む
細胞培養上澄み液は
医療機関での使用が認められています。
(先日メディアで取り上げられていた、幹細胞を使用した
全身投与の違法行為はこれに該当しません。)

幹細胞培養上澄み液から製造した
成長因子・サイトカイン療法が、肌の若返り、美肌、
肌荒れ、ニキビ、アトピー性皮膚炎、酒さなどに有用である
として、多くの医療機関で使用されるようになってきました。
当院ではすでに10年前くらいより、脂肪幹細胞から抽出した
AAPEを使用していましたが、最近ではさらに効果の高い
幹細胞培養上澄み液が出てまいりましたので、
いろいろと試し、製造施設を見学に行ったりして
どれがよいかを厳選しました。

現在は、
以前からある脂肪幹細胞(当院でもすでに使用しているAAPE)、
臍帯血幹細胞、骨髄幹細胞、歯髄幹細胞の
培養上澄み液より抽出した製品があります。
それぞれ多少の成分内容の違いや、配合量の違いがあります。
これらを試して、内容成分を検討したところ
炎症を起こすサイトカインが少なく、
成長因子・サイトカインの種類と量の多い
骨髄幹細胞の培養上澄み液由来の

「サイトプロMD」を当院で新しく導入することにいたしました。

詳しくはこちらへ>>>

投稿日:2017年8月17日  カテゴリー:酒さ, ★ 院長ブログ・医療情報 ★