八丁堀 皮膚科|スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

男性のうす毛「男性型脱毛症」の治療薬「ザガーロ」の当院における1年間の経過のまとめ(26例)<その1>

当院で男性の薄毛の治療で通われている方は
月に100人を超えます。
その多くの方は、厚生労働省承認薬の治療薬を
服用して治療されています。
男性のうす毛のおもな原因と言われている
ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモン
の生成を抑えるお薬です。
昨年処方開始になった「ザガーロ」
10年以上前よりすでに使用している「フィナステリド」よりも
DHTを抑制する効果が高いため、
治療効果が良いことが期待されています。
実際はどうであるのか、副作用はどうなのか。
現在フィナステリドで治療をされている方より
ご質問を多く受けます。

まだ処方開始から1年ほどで、使用期間が短いですが、
この2016年6月より処方開始になりました
このデュタステリド「ザガーロ®」の効果について
服用開始から3か月以上経過した
当院での26例についての経過をご報告いたします。
(知人、同業者、写真評価のない症例を除きました)

 

まず、初めて治療をザガーロにて開始して
3か月以上経過した方が8
人いらっしゃいます。
写真は供覧できませんが、
私がフィナステリドにて10年以上治療をしてきた
経験と比較しますと、
ザガーロのほうがフィナステリドよりも
確実に増毛効果がみられるのが

早い結果となっています。
通常フィナステリドでは
平均6か月で効果が実感できることが多く、
1年でようやく効果がはっきりとする方もいらっしゃいます。
3か月で実感できることはまれです。

ザガーロで初めて治療を開始した8例中
3か月で効果が確実に確認できた方が3名
6か月では5名
すなわち全員が6か月で効果をすでに認めることができました
副作用の訴えも今のところありません。

治療スタート時は、ザガーロのほうが
早くそして確実な効果が実感できている結果となっています。
初めて治療を開始される方には
ザガーロからの開始をお勧めしています。

 

当院では5年~10年以上、長期間治療を
受けていただいている方が大勢いらっしゃいます。
次回は長期フィナステリドを服用した後、

ザガーロに変更した患者様の経過について
お話いたします。

Drの方々はこちらをぜひご視聴ください♡
今回は全国版です♪
↓↓↓

 

 

投稿日:2017年7月12日  カテゴリー:★ 院長ブログ・医療情報 ★, 美容・アンチエイジング