八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

昨日はシンガーポールよりマイクロボトックスの開発者のDrWuをお迎えして勉強会を行いました

マイクロボトックスは
眉間や目じりのしわの治療として
使用するボツリヌストキシンを
ごく少量ずつ皮膚に浅く注射する方法で、
表情を残しつつナチュラルにしわを改善する方法です。
特に額においては、ボトックス注射において
眉の挙上の動きが制限されすぎると
瞼に重く皮膚がかぶったり
表情が固くなることがあります。
マイクロボトックスで治療を行いますと
皮膚表面の筋肉の動きは制限されて
しわは改善されますが、
筋肉全体の動きは残しますのでとても自然な
仕上がりです。

マイクロボトックスについて>>>

また頬や鼻に行うと
4~5回の回数はかかりますが
毛穴の縮小、皮脂の減少、肌の張りの改善、赤ら顔の改善の効果が得られます。
皮脂改善効果についての論文の紹介>>>

このマイクロボトックスの開発者の
Woffles Wu先生をシンガーポールより
迎えまして
勉強会を行いました。


 

マイクロボトックスのみでなく
目の周りの効果的な新しい注入方法についても
伝授してもらいました。
これはなかなか良いので早速取り入れます!

私は、マイクロボトックス治療を
エクリン汗のう腫の疾患治療に
応用した症例発表を行いました。
「これ早く論文にしなさい!!」
「Quickly!Quickly!!」
とWu先生にいわれました(*´з`)

まれな疾患ではありますが
当院では30症例近く行いましたので
今後学会で発表させていただきます。
これから患者様にお写真のご提供の許可につきまして
ご相談させていただきますので
ご協力のほどよろしくお願いいたします。

エクリン汗のう腫について>>>

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★