八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

第22回 日本抗加齢美容医療学会 のご報告 <その2>赤ワインに含まれるレスベラトロールの効能

前回のブログで、
赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれており、
中でもレスベラトロールの効能が高いことについて
お話しいたしました>>>

レスベラトロールは、赤ワイン以外にも
ピーナッツの赤い皮(これ剥いでたべてました(笑))、
アーモンド、ココアなどにも含まれている
ポリフェノールの一種です。

植物においては、「ファイトアレキシン」といって
病原体に対する防御機構の一つとして作用する目的で
生合成されています。

これまでの研究においては、レスベラトロールによる
抗炎症作用、抗酸化作用、血行改善作用、神経保護、
抗がん作用、生活習慣病の改善効果などについての
多くの報告があります。
その結果、糖尿病、心臓血管疾患、腎疾患、癌、
筋疾患、神経疾患、認知症、EDなど多くの病気の発病予防
や進行を抑制する効果を持つ可能性について研究されています。

 

このよう効能は、まずはレスベラトロールが
長寿遺伝子と呼ばれる「サーチュイン遺伝子」の
活性化作用に起因するものが考えられます。
サーチュイン遺伝子は全身で重要な働きをしているため、
活性化することで非常に多彩な面での
アンチエイジング効果が得られると言えます。

 

肌の美容に対する効果も報告されています。
紫外線に対する防御力、肌の弾力の改善効果、
抗炎症作用、抗酸化作用(抗老化作用)、
シミの改善、抗菌作用など
* 浅野智哉 他:二重盲検ランダム化比較試験による
レスベラトロール経口摂取の肌質改善効果,医学と薬学
第72巻 第7号 2015.

* 渡辺健史 他:レスベラトロールは皮膚老化様症状を
改善する, FRAGRANCE JOURNAL 42(6).76-76,2014
詳しくはこちら>>>

* *「Resveratrol Demonstrates Antimicrobial Effect
Against Propionibacterium acnes in Vitro.」
Emma J M Taylor,Yang Yu,Jackson Champer et al:
Dermatology and therapy.2014 Sep

* 土江久美子他:UV照射ケラチノサイトを介した
レスベラトロール美白メカニズムの解明,FRAGRANCE JOURNAL 44(6).86-86,2016

 

ではこれらの効能をレスベラトロールから得るには
赤ワインをどのくらい摂取すればいいのでしょか。

赤ワインに豊富といっても
グラス一杯(240ml)でレスベラトロールは約640μg
含まれているというデータがあります。
健康効果が期待されるレスベラトロールの必要摂取量は、
1日150mgほどのようです。
上記の肌質改善効果についての報告においても
1日12mgの摂取量での効果です。
赤ワインに多く含まれるとはいっても、
ワインのみで適量を摂取することは
困難ですし、逆にアルコールによる害のほうが大きくなってしまいます。
したがってレスベラトロールをサプリメントから摂取して
いただくことがおすすめです。

当院では
「高濃度のレスベラトロール」を販売しております。
インドキノキという樹木から抽出したもので
1粒で76mgのレスベラトロールが摂取できます。

1日2粒程度 60粒で¥11,498(税別)

 

 

 

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング