八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

第6回スキンファーミングミーティングに参加して ~その2 機能性ペプチドを用いた最新増毛治療~

これまでにも毛の細胞を活性化させる「成長因子」を
注入する増毛治療を当院でも行っておりますが、
もう少し革新的な治療法がないものかと
調べておりました。

今回このセミナーに参加したのは、この最新の増毛治療の
情報を得ることが最大の目的です。

現在男性の方の増毛治療は
フィナステリドやデュタステリドといった
男性型脱毛に大きく影響する
DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害するお薬の服用がとても効果的です。

それに対して、女性は上記の薬剤の服用はできず、
育毛専用サプリメントや育毛剤の塗布はそれなりに効果が
ありますが、革新的な治療はなく増毛治療は非常に難しかったのです。

そこで最近注目されているのが今回当院でも導入を
検討している最新のヘアフィラー ペプチド注入剤です。

前回お話しした「機能性ハイブリッドペプチド」を用いた
注入剤で、目的の効果を促すペプチドを科学合成し、
それを患部に注射して増毛をするという治療です。
発毛を促進させる経路を活性化、
または脱毛を引き起こす経路を抑制する
7種の機能性ペプチドを注入することで増毛を促します。
img250

そして本来ペプチドは速やかに消失してしまい、
効果が持続しにくいため、
ヒアルロン酸に加えて注入することで
徐放性にして持続的なペプチド放出システムを実現しています。

2~3週間に1回 合計4回行います。
その後は症状により追加治療を行います。

男女ともに効果が期待できます。

 

さらに同じ様に機能性ペプチドを含有した
シャンプー、コンディショナ、育毛ローションも登場しました。
img251

男性の脱毛症の治療に使用している
脱毛の原因となるDHTの産生を抑制する
フィナステリドを含みます。
フィナステリドは脂溶性ですので
脂肪が一緒でないと吸収ができず、これまでは
経口摂取でないと取り入れることが難しい成分
でしたが、水溶性に加工することに成功し、
さらにはもともと増毛作用のあるデカペプチド25と結合体
にすることで、ペプチドとしてもさらなる機能を高めています。
非常に革新的なヘアケア製品です。
男女ともに効果が期待できます。

 

製剤が届き次第、ヘアケア製品は販売開始します。
ヘアフィラーは、モニターさんを募集し、
効果と安全性を確認したのちに治療メニューに加えます。

詳細はこのブログでまたお知らせをいたします。

 

 

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★, 美容・アンチエイジング