八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

レーザー脱毛による硬毛化(かえって毛が濃くなる問題)は当院は独自の対策で回避できています。

先日都内で行われたレーザー会社のミーティングで
レーザー脱毛による硬毛化(治療前よりも濃く、毛が長く
なる現象)についての講演がありました。

アンケートに参加した33施設のうち
76%の施設において「硬毛化」したケースの経験がある
と回答しています。
「硬毛化」した部位で最も多いのは
フェイスライン、次に上腕、肩周囲、上背部です。

レーザーの種類や機種による差については、
まだ議論のわかれるところです。
基本的にIPLでも、アレキサンドライトでもダイオードでも
どれでも起こり得ると思います。

色白の人になりやすいであるとか、
毛が多めの人でなりやすいであるとか、
ピルを飲んでいるとなりやすいとか、
レーザー照射の強さの問題とか
いろいろな意見がありますが、共通しておらず不明です。

私も、レーザー脱毛を始めた開業当初、
硬毛化した方を数人経験しました。
当たり前ですが、当院は私が強さ、照射密度の決定、照射後の外用療法、
そしてレーザー治療前後の診察を行いますので
硬毛化の初期症状を見逃しません。
ごく初期に中止するもしくは当院独自の方法での
照射方法に変えることでそれ以上の悪化を回避できています。

また長い経験から、どの部位が硬毛化しやすく、
どのように照射方法を工夫すれば硬毛化しないかが
わかりました。
連日朝から晩までレーザー脱毛を多く行っておりますが、
当院ではこのおそらく7~8年間は一例も硬毛化する
患者さんはおりません。

このようにレーザー脱毛は
硬毛化対策を講じ、医師がしっかり管理している施設で
受けられることをお勧めいたします。

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★, 美容・アンチエイジング