八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

新レーザー機器 導入決定しました!!< その多彩な機能その1 >

連日連夜、検討に検討を重ね
新たに導入するレーザーがやっときまりました。

IMG_5439

このレーザーにはさまざまな機能がありますので
少しずつ紹介していきます ♪

治療開始はまたお知らせいたします!

 

< 多彩な機能その1 :膣のアンチエイジング >

日本ではあまりまだ知られていませんが、
婦人科領域のアンチエイジングです。
時々こっそり相談があります。

お顏の皮膚のみならず、膣も老化します。
粘膜のひだがなくなりハリがなく、べたっとして薄っぺらくなります。
粘膜の分泌機能も低下しますので乾きやすく、
かゆみやにおい、性交痛の原因にもなります。
35歳を過ぎるますと、どの女性もホルモンの減少により
このような膣の老化が始まります。

またお顏もたるむように、膣の周辺組織もたるみます。
出産をしていればなおさらのことです。
弾力に乏しく締まりがない膣になり、
パートナーの満足度の低下や尿漏れの原因にもなることがあります。

これらを解消するのが「Petit Ladyプティレディ」
お顏の肌の若返りに使用するレーザー治療を
応用し、膣内から360度リジュビネーションレーザーを
照射して、粘膜を再生、膣全体の引き締めを行います。
img203

img204

 

 

これまでの機器は、
表面粘膜のみ浅く照射して、粘膜の再生のみを図るもの。
またはじんわり膣周囲組織まで作用し、
皮膚粘膜の再生力は若干弱いものの引き絞め効果の高いものの大きく2種類がありました。
この「プティレディ」でのデュアルモードでは、この2つのレーザーをオートマティックに一度に連続照射することができるところが最大の進化点です
粘膜の若返りと引き締めを同時に得られます

そして「Petit Ladyプティレディ」では
Er:Yag(エルビウムヤグ)という種類のレーザー光を使用しています。
粘膜再生にはこれまでは炭酸ガスレーザーが使用される
ことが多かったのですが、エルビウムヤグでは治療後の
粘膜再生が早く、ダウンタイムが短く、帯下の増加などの
不快な症状もかなり軽減されています。

日本ではまだあまり周知されていない治療ですが
欧米、韓国では急速に需要のびている分野です。

治療開始はまたお知らせいたします!

 

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★, 美容・アンチエイジング