八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

第18回日本胎盤臨床医学会のご報告<その1>ラエンネックとメルスモンの違い、プラセンタの作用機序について

11月1日の日曜日に名古屋で開催された
いうならばプラセンタの学会
日本胎盤臨床医学会に参加しました。

休日はこのように学会ばかり( ノД`)
14464568445710

さて、胎盤から抽出されたプラセンタの
さまざまな効能効果についての研究発表がありました

「なんとなくいいかも」ではなく
本当に効果があるというエビデンスが多く報告されています。

プラセンタの効能として、
肝機能の強化、肝機能障害の改善、自律神経調整作用、
疲労回復作用、血行促進作用、抗炎症作用、
免疫賦活作用、抗アレルギー作用、活性酸素除去作用、
貧血改善作用、美白作用、保湿作用などがあります。

なお、保険診療として使用が承認されている適応疾患は、
メルスモンは更年期障害、乳汁分泌不全、
ラエンネックは肝機能障害に対してです。

響きの杜クリニックの西谷雅史先生より
みなさんや私たちが「ここはどうなの?」と
日々疑問に思っているところについてご説明くださいました。

まずは
プラセンタ注射には2種類あります。
「ラエンネック」と「メルスモン」です。
この違いはその製造方法によるところが大きいです。
その結果、効果にも差が生じそうですが、今のところは
臨床的な大きな違いははっきりしていません。
img193

ラエンネックの方が
重要な作用をもっていると考えられる上澄み部分の成分を含み、またタンパク分解がメルスモンよりも完全ではないので、処理後も有効成分の残存が多いと考えられるわけです。
今後はこれらの2つについて、より安全で有効なのはどちらなのかという点が明らかになるといいですね。

以下は西谷先生の響きの杜クリニックのホームページより
お借りしました。

<プラセンタの成分>
ウラシル、アデニン、グアニン、チミン、シトシン、
アミノ酸 リジン、アラニン、アスパラギン酸、ロイシン、
グルタミン酸、アミノ酢酸、バリン、セリン、チロシン、
フェニルアラニン、トレオニン、アルギニン、プロリン、
シスチン、イソロイシン、メチオニン、ヒスチジン、
ミネラルナトリウム、カリウム、カルシウム、
マグネシウム、リン、鉄、キサンチンなど

<プラセンタに含まれる主な成長因子>
肝細胞増殖因子(HGF)、神経細胞増殖因子(NGF)、
上皮細胞増殖因子(EGF)、
線維芽細胞増殖因子(FGF)、
インシュリン様成長因子(IGF)、
免疫力を向上させる成長因子、
インターロイキンⅠ、インターロイキンⅡ、
インターロイキンⅢ、インターロイキンⅣ

生きていく上で必要なものは、
ほぼ含まれているといっていいほどの内容です。

ですが、これらの含有成分は非常に微量なため、
直接的に作用をしているとは考えにくく、
効果については実証されていても、
作用機序についてはまだまだ解明されていない部分が
多いのです。

たとえば更年期症状に対しての効果についてでいえば、
更年期時期に急激に減少するエストロゲンが、
プラセンタエキスを投与すると血中濃度が上昇する
そうなのですが、実際にプラセンタエキスに含まれている
エストロゲンの量はかなり微量だそうです。
例えばエストロゲン補充療法で使用する薬剤の
「ジュリナ」では1錠に0.5mgのエストロゲンが入っています。
でもプラセンタエキス1アンプルには
ピコグラム(pg)レベルのごくごく微量のエストロゲン
しか含有されていないそうです。
したがってその微量のエストロゲンそのものが作用を
しているとは考えにくく、
プラセンタエキスのさまざまな成分が、全身を賦活化
させることで改善しているのだろうと西谷先生はおっしゃっていました。

 

私は、他のプラセンタエキスの効能も
同じように思います。

良質な機能蛋白質がプラセンタには含まれています。
蛋白質は内臓機能、酵素を作る、ホルモン産生、
ビタミン・ミネラルを運ぶなど全身の機能にはかかせない栄養素です
食生活習慣、老化による胃腸機能の低下などで、
蛋白質の摂取量や吸収は低下します。
プラセンタには、特殊な成分が入っていてそれが作用
しているというよりは、
非常に絶妙なバランスで、蛋白質をはじめとした
必要栄養が配合されているため、全身のさまざまな機能を
活発にすることができるのではないかと私は考えています。

実にうまくできた総合サプリメントであると思います。

 

現在非常に需要が高まり、お薬の供給が難しい状況です。
新規の方のラエンネック注射のご希望は
お受けできない状況ですが、メルスモンの方にはまだ余裕がございます。
また内服プラセンタについても同様です。
内服ヒトプラセンタエキスの代替品として
高濃度羊プラセンタをご用意しております。

上記の機序を考えますと、羊プラセンタでも
同様の効果は期待できそうです。
事実私は羊プラセンタを服用しております。

そしてヒトより高級です( *´艸`)

「セルセラ」 高濃度羊プラセンタ
30粒 ¥19,440
10粒 トライアル¥7,020

 

 

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★, 健康情報・アンチエイジング, 美容・アンチエイジング