八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

皮膚科の病名は、変えた方がいい病名がたくさん・・・(゜-゜)

WHO(世界保健機関)は2015年5月8日、
新たなヒトにおける感染症の名称を定める上での指針を公表しました。
そこでは、国名、人名、動物名などは含むべきではないとされています。
たとえば「鳥インフルエンザ」や「日本脳炎」、
人名の入った「クロイッツフェルト・ヤコブ病」
職業などの入ったレジオネラ症(在郷軍人病)などです。

皮膚科においては感染症に限らず、
変えた方がいい既存の病名がたくさんあります( ゚Д゚)
皮膚科医もうすうすみなそう思って別のいい方を
したりしますが、統一されていません。

今時そんなのわかりにくい・・とか
どうしても発見した人の名前がつく・・・
まだ原因がわからなかったころの症状名が病名もまま・・・

でも、どのタイミングで新しいわかりやすい病名に
変えていただけるのでしょうね。

お偉い方がびしっと!
お願いいたしますm(__)m

でも皮膚科の偉い先生方は、
難しい漢字が好き♡(゜-゜)
そして病気を発見された先生は自分の名前残したいかもしれない・・・
病名のついた由来のうんちくを語るのが好き♡
などなど
病名を変えるには難しい?問題があります・・・(-.-)

医療の世界は、民間企業では考えられないほど
非常に保守的です・・・。
慎重を装い、変えることを嫌います・・・。

「change!change!」ってあのお方も
ゆ~とりましたよね( `ー´)ノ

 

私が変えた方がいいんじゃない?と思う
皮膚科の病名(〃艸〃)挙げてみます。
(偉い先生に怒られそう・・・)

* アトピー性皮膚炎 これはもういいか・・・
「場所が不特定」、「topic:正常な位置」の否定形
という意味のギリシャ語から由来し、
先天的に過敏症である点、通常のものではないという
意味からきているようです。

* クインケ浮腫
ドイツのお医者さんの名前です。
「血管神経性浮腫」とか「急性限局性皮膚浮腫」と
いわれつつあります♡
まさに急に唇やまぶたが腫れます。
そのいい方のほうがわかりやすい(*´з`)

* ジベルばら(薔薇)色粃糠疹
なんとも色っぽい名前♡
色の白い欧米の方では薔薇色の発疹だそうだけど
バラ色には見えなかったなぁ・・・
日本でも季節の変わり目に多い疾患なので、
たびたび患者様に説明する機会がありますが、
この病名をいうと、みなさん何だか(*_*)・・・
これ本当のことですが
「性病ですか?!」って言われたことも
あります(笑)

* カポジー水痘様発疹症
これは最も勘違いされるのは他科のDrからです(笑)
エイズでみられる「カポジー肉腫」と紛らわしく、
「この方エイズですか?」とよく聞かれます・・・。
オーストリアのカポジ先生の名前のついた病気の一つです(*_*)
口唇ヘルペスで知られている単純ヘルペスウイルス(HSV-1)が
広範囲に広がったものです。
エイズとは関係ありません。
そして水痘(水ぼうそう)とも全く似ていません・・・。
エイズにおいて、健康なヒトでは症状のでない
ヒトヘルペスウイルス8が血管に感染することで
癌化したカポジ肉腫との関連を想像させてしまい
とても紛らわしいです。
「疱疹性湿疹」に統一してほしいです。

* 手足口病
今年も流行ました。
「手足口病です」とおかあさまに説明しても、
「うちの子は手にないから手足口病ではないのでは?」とか
「手足口以外にも発疹がたくさんあるから違うでしょ?」とか
いわれてしまいました・・・。
ウイルスは変異するので症状は日々変わります。
なんか・・・病名変えますか?(゜-゜)

* 尋常性疣贅、青年性扁平疣贅、老人性疣贅・・・
尋常性疣贅:「ふつうのイボ」っていう意味です。
ふつうって?( *´艸`)
青年性扁平疣贅 思春期の男女とは全く限らないし・・・
最近は青年性っていうのは略してますね。
ともにヒトパピロマウイルス(HPV)の感染症です。
老人性疣贅は老人でなくてもできます(*_*;
患者様には「イボです」っていいます♡
「老人性イボです」って言った日には…叱られます<(_ _)>
気を使って「脂漏性角化症」という場合が増えました。

* 猫ひっかき病
猫にひっかかれることで患部のみならず、全身にも
症状がでます。
Bartonella henselaeによる感染で、猫だけではく犬でもなりえます。

ちなみに動物の名前を付けないようにっていっても
ムカデ咬症、ヒル咬症、ウニ棘刺症、蜂刺症・・・
これはしょうがないですね~

他にもベーチェット病(トルコのお医者さんの名前)、
スイート病(Sweet先生)、
女子下腿うっ血性紅斑(女子♡)・・・
キリがありません(*_*)

要するには、古いわかりにくい、紛らわし病名は
さっさと直しましょってことを言いたいのです・・・。

お偉い先生方
そこのとこよろしくお願いいたします<(_ _)>

 

 

 

 

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★, その他