八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

円形脱毛症の人では、酸化ストレス物質が上昇しているようです

多くの皮膚の炎症性疾患、たとえばアトピー性皮膚炎、
乾癬、ざ瘡、白斑、水疱症などでは、活性酸素や
過酸化脂質(活性酸素などによって参加された脂質)が
増えていることは知られていましたが、
円形脱毛症の方でも増大しているようです。
*Ola Ahmed Bakry et al:Oxidative stress in alopecia
areata:a case-control study.,American journal of
clinical dermatology.2014 feb;15(1);57-64
円形脱毛症患者35例と、そうでない人30例において、
血液中の酸化物質活性(TOC)と、自ら体内で持っている
抗酸化物質活性能力(TAC)そして活性酸素などで
酸化された酸化脂質のマロンジアルデヒド(MDA)の
測定で酸化ストレス度(OSI)を評価しています。
結果、
円形脱毛群では有意にTOC、MDAおよびOSIが高く、
抗酸化物質活性能力(TAC)は有意に低かった。
すなわち、円形脱毛症の人では、
酸化物質が増えていて、またその酸化を抑える
抗酸化能力も低いため、結果として酸化ストレスが
高くなっており、酸化した脂質も多く認められて
いることが示されています。

このことが、円形脱毛症の原因になっているのか、
あくまで円形脱毛症による炎症の過程による結果であるの
かについてはまだわかっていません。

 

いずれにしても、この酸化現象を抑えることは、
円形脱毛症の方の病状の悪化の抑制や治療に
役立つと考えられることになりますので、
当院でもとり扱っております抗酸化作用および
抗炎症作用の強い「水素」のサプリメントや
ビタミンCは有用であると考えられます

水素サプリメントについて>>>
高吸収タイプ ビタミンCについて>>>

 

*ここでいう「ストレス」とは、
私たちが良く言葉にする
「ストレス」が貯まっているなぁ~
という心理的なものばかりではなく、
それ以外にも、有害物質、寒冷、放射線、炎症、有害菌の
感染などさまざまな生物学的な何らかの刺激によって
生体に生じたひずみの状態をいっています。

そのうちの酸化ストレスは、
多くの病気に影響します。
私たちは酸素を吸ってエネルギーを得ていますが、
その結果どうしてもこの「酸化」を伴います。
体内のたんぱく質、脂質、核酸を酸化し、病気や老化
の原因となります。。

そしてさらにこの酸素の代謝において生成される
活性酸素が私たちの細胞を損傷したり、劣化させたり、
炎症を促進させたり様々な影響を及ぼします。
活性酸素は私たちの生活習慣によってもさらに増えて
しまいます。
例えば、喫煙、大気汚染、紫外線、放射線、ストレス、
甘いお菓子、アルコール

これらによって生じた「酸化」が
今回、円形脱毛症では増えているという報告です。
上記のような「酸化」の原因となるものがもとになり、
酸化ストレスが増えて円形脱毛症になるのか。

円形脱毛症という「炎症」により結果として
酸化ストレスの増大になっているのかは
わかりません。

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★, その他