八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

通称「ボトックス®治療」 ~ボツリヌストキシン製剤はどれが最適か~

ボツリヌストキシンを使用したシワ治療や汗を減らす
治療は、
通称「ボツリヌスまたはボツリヌストキシン治療」、
「ボトックス®注射」などとよばれ、その歴史は古く、
1822年にドイツ人医師Justinus Kernerが記した論文に
始まるとされています。
ボツリヌス菌が産生するたんぱく質は、筋肉の活動を
抑制する作用があります。
1970年代の後半、アメリカの眼科医Alan Scottが斜視の
治療に用いたことから、1980年代に入るとさまざまな
疾病の治療に使われるようになりました。
日本では現在、眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、
痙性斜頸、小児脳性麻痺患者(2歳以上)の下肢痙縮
などに伴う尖足(せんそく)などの治療において、
健康保険診療が認められています。
さらに2009年春から、自費によるアンチエイジング治療
として、65歳未満の眉間の表情じわへの治療が適応と
なっています。
さらにはワキ汗治療が保険適用治療となりました。

この治療に使われる薬剤には、筋肉に運動することを
命令するときに働く神経伝達物質・アセチルコリンの働き
を抑制することにより、筋肉の収縮を抑制する作用が
あります。
つまりボツリヌス治療とは、表情じわの原因となる筋肉に
天然のたんぱく質を注射することで、筋肉の収縮を抑制
してしわをできにくくする方法です。
※現在治療に使われる薬剤は、天然のたんぱく質から
できた毒素を分解・精製したもので、ボツリヌス菌の菌体
やその成分、培養液の成分などは一切含まれていません。
(アラガンジャパンHP「ボツリヌス治療とは」より抜粋)

当院においても、しわ治療には欠かせない治療の一つです。
そしてワキ汗を抑える治療として、ボトックス®を使用
した注射治療が保険適用治療として行えるようになり、
さらに需要が高まっております。

このボツリヌストキシン治療に使用する薬剤は、
現在日本においては、
ワキ汗治療には保険適用で「ボトックス®」
眉間のしわ治療には(保険適用外)「ボトックスビスタ®」
の使用が厚労省より承認、推奨されています。
それにもかかわらず、多くのクリニックでは、そのほかの
ボツリヌス製剤も使用しています。
なぜでしょうか。その違いは何でしょうか。

< 特異力価の差 
力価とは主たる成分の量や濃度の指標です。
天然由来のため、配合量=効力とは一概に言えません。
そこで実際の効力を表す単位として力価が使われます。
製造過程における、主には凍結乾燥過程において、
ある程度の力価が損失するため、製造メーカーにより
その程度は異なります。
したがって各社10数%の充填偏差があるといわれています。
したがって、効果に差が生じないように、
この充填偏差の少ない製剤を選びたいものです。

< pH値による影響の差 
Ph値を調しているものは、注入後すぐに薬剤が
主要成分と分離し、周囲の皮膚へ拡散しにくい工夫が
されています。(ボツリヌストキシン治療においては、
細かな表情筋にピンポイントで適格な部位に
薬を作用させることが求められます。)

< 効果発現までの時間の若干の差 >
様々な理由で数日内の若干の差があります。

< 製剤価格の差 
厚労省承認薬が必ずしも適正価格、安価とは
いえません。
みなさんの施術費用に直結することは
いうまでもありません。

< 複合タンパクの量 >
これがもっとも製剤を選ぶうえでのポイントに
なっていると思います。
まず、
動物性由来物質を含むかどうか。
菌株を培養するにあたり、動物性由来物質を含む培地で
菌株を培養することがあります。
この微量な成分が、頻度は少ないですが、
アレルギーの原因となりうるといえます。

次にもっとも重要視しているのが
安定化剤としてヒト血清アルブミンを使用しているかどうか。
以前はこのヒト由来のアルブミンが必ず必要な製剤と
いわれてきましたが、それを用いない製剤、および
タンパク成分を限りなく浄化した製剤が出てまいりました。

なぜヒト血清アルブミンが少ない方が良いのか。
ヒト由来のため、現在わかっている病気については
感染性のないことを確認し、
ヒトアルブミンを介してそれらの感染症や
他の疾患がうつらないように検査されていますが、
未知の疾患がまだある可能性はゼロであるとは言えません。
そして感染症以外にも、非常にまれではありますし、
いまのところがそのような事例はありませんが、
異常な蛋白質そのものが体に入ることでうつる可能性が
考えられている病気もあります。
そのため各国、各社ヒトアルブミンを減らず工夫をしてきました。

そしてもう一つ、
耐性すなわちこのボツリヌストキシンの作用が
効かなくなる中和抗体の生成も、タンパク成分を
なるべく少なくしたい理由です。
長期間にわたりたびたびこのボツリヌストキシン治療
をたくさん行っている方に比較的多いといわれて
いますが、必ずしもそうでないケースもあります。
その耐性を生じる原因として、この含有されている
複合タンパクに対する反応であるという説が
現在のところ有力とされてきました。
*Jost WH et al.Drugs 2007;67(5):669-683
*Blümel J et al.Neurotoxicity Research 2006
ピュアなトキシンのみと、この複合タンパクのみ、
そしてボツリヌス製剤(トキシン+複合タンパク)とで、
ヒト神経細胞腫のSH-SY5Y細胞において、
それぞれは異なる反応を呈し、
特に炎症性サイトカインの増加は、
ピュアなトキシンのみではみられなかったが、
複合タンパクのみおよびボツリヌス製剤においては
上昇がみられたと報告がされています。
*Lei t,Bal Ram Singh(University of Massachusetts
Dartmaouth)et al.
Type A botulinum neurotoxin complex proteins
differentially modulate host response of neuronal
cells.Toxicon 82 2014.52-60
このことは、何らか、複合タンパクがこの耐性の原因
となる中和抗体の産生に影響していることが示唆される
結果です。
このことから、ますますヒトアルブミンそしてその他
反応しうるタンパク成分が少ない方が耐性を生じる確率
少なくなるということで、
それらが少ない、含まない、限りなく除去している製剤を
私たちはなるべく選択しようという方向でいます。

ここで
厚労省承認薬の「ボトックスビスタ®」「ボトックス®」
そして注目の「ゼオミン®」
そして最近話題の「イノトックス®」
「リジェノックス™」

製剤の違いを比較してみましょう。

 

 

 

IMG_4162[1]
厚生労働省承認薬の「ボトックスビスタ®」(米国製)
を基準に違いをご説明いたします。
ボトックス®およびボトックスビスタ®は、
動物由来の蛋白質と、ヒトアルブミンを含みますが
この20年の間に、複合タンパク量を
5分の1ほどまでに減らしました。
使用の歴史が長く、使用件数も多く、
長期の安全性が確認されており、厚生労働省もその実績を
かって、日本における承認薬としています。
*Ada Trindade de Almeida et al.
Patient Satisfaction and Safety With Aesthetic
OnabotulinumtoxinA After At Leasrs:A Retrospective
Cross-Sectional Analysis of 4,402 Glabellar Treatments,
Dermatologic Surgery 2015;41:S19-S28

 

 

IMG_4174[1]

「リジェノックス™」(韓国製)はヒトアルブミンをかなり少なく「ボトックスビスタ®」よりも減らし、
また製造過程における充填偏差が少なく、
pH調整により薬剤の拡散も抑えています。

IMG_4163[1]
「ゼオミン®」(ドイツ製)はヒトアルブミンはもちろんのこと、タンパク成分をほぼ浄化させており、
ピュアトキシンといえます。
pH調整もされており、周囲へ拡散するのを抑え、
また効果発現もボトックス®と比べて効果発現が早いと
いわれています。今のところ耐性が生じるリスクは一番少ない製剤といえます。

 

 

IMG_4161[1]

次に「イノトックス®」(韓国製)は、
含有されているタンパク構成は「ボトックスビスタ®」と
ほぼ同じです。
ただし、ヒトアルブミンを添加しておらず、
菌株培養の際にも動物性由来物質を使用していません。
ただし、「ゼオミン®」のようにピュアトキシン
ではなく、複合タンパクを含みますので、
耐性に対するリスクはまだ残りますが、
ヒト由来の成分を含まないという点で、
ヒトアルブミンを介した感染症や疾患のリスクは
なくなります

ということで、当院では
使用歴史が長く、長期安全性が確認されている
厚生労働省承認薬の
「ボトックス®」および「ボトックスビスタ®」
*Ada Trindade de Almeida et al.
Patient Satisfaction and Safety With Aesthetic
OnabotulinumtoxinA After At Leasrs:A Retrospective
Cross-Sectional Analysis of 4,402 Glabellar Treatments,
Dermatologic Surgery 2015;41:S19-S28
および
複合タンパクを含まないピュアトキシンの
「ゼオミン®」を主に使用しております。
そして複合タンパク量の少ない「リジェノックス™」は、
厚労省承認薬のボトックスビスタへの移行に伴い、
シワ治療には現在使用しておりませんが、
ワキ汗治療においては引き続き取り扱っております。

「イノトックス®」の導入については、
今のところピュアトキシンである「ゼオミン®」にかわる
ものではありませんので、今のところ導入は予定しておりません。

ボツリヌストキシン治療をお受けになる際の、
使用する薬剤を選ぶときのご参考になさって下さい。

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★, 美容・アンチエイジング