八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

新しいニキビ治療薬「ベピオゲル」使用中の敏感肌にも「イニクス」がおすすめです

先週末は、横浜で
日本皮膚科学会総会が開催されました。

医療に関連した業者さんが、個別に詳細な説明を
してくださる企業展示ブースでは、手術器具、
医療機器、医薬品、化粧品など多数みることができます。

おっ(^^♪
私がアドバイザーをしております
製薬会社マルホさんが製造する「イニクス」もありました♪
14330721769020

14330721490070

まだレパートリーの少ないこの製品ですが、
ディフェリンゲルやベピオゲルなど
多少の刺激症状を伴うお薬の登場により、
併用する化粧品にも注目が高まり、
「イニクス」の認知度が上がってまいりました。

これまでは決まった施設でしかご案内でき
ませんでしたが、今後は広く展開されていくようです。

この「イニクス」のセンシティブラインは、
敏感で肌トラブルの多い方が、
皮膚疾患の治療中または治療後にも、安心して使用
できるスキンケア用品としてつくられました。
敏感肌だけど肌を明るくしたり美肌効果のあるものを
安心した成分のもので使いたいっ!!という
女心をつかんだ製品です( *´艸`)
「君は敏感肌だから、美白やアンチエイジングの
化粧品などは刺激になるからやめた方がいい!」
なんて言われしまったことありませんか?
そんな方にお教えしたい♪

そしてようやく日本も海外からかなり
おくれをとりましたが、「ディフェリンゲル」や
「ベピオゲル」が保険診療で使用できるようになりました。
そして「デュアクゲル」も間もなく登場します。
これらのニキビ治療薬は共通して、赤くなる、乾燥する、
ひりひりする、むず痒いなどの刺激症状を、特に
初期に伴うことがあります。
その時期をいかに不快がすくなく過ごせるかによって
「この薬は嫌、合わない」となってしまうか
「多少の刺激はあったが効果が実感できる」に
印象が変わってしまいます。
医師の腕のみせどころなんです。
この「イニクス」と同じ製薬会社マルホさんの
「ヒルドイド」のローションやソフト軟膏との併用で
初期の刺激症状は回避できますが、
「イニクス」のACラインは、
これらのニキビ治療薬の刺激を抑え、
さらにあのにっくきぶつぶつの炎症を鎮めたり、
ぶつぶつできにくくする成分を含有しています。
そして化粧品に含まれる毛穴に詰まりやすく、
ニキビの原因となりやすい成分を配合せず、
ノンコメドジェニックテストでしっかりと確認しています。
せっかく治療でよくなったぽつぽつ肌が再燃しないように
お勧めしたい化粧品です。

 

詳しくはこちら>>>
Web販売のみです。
当院からの紹介番号があると
少しお得です( *´艸`)

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★, その他, ニキビ