八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

「花粉アレルギーと食物アレルギーなど」その2 ~聖路加国際病院 主催 定例勉強会 Dermatology clinical meetingにて~

「先日、花粉症と果物や野菜のアレルギーとの
関係についてお話いたしました。>>>

果物や野菜のアレルギーは、交差反応といって、
花粉など他のものとも共通の成分に、
ともに反応してしまうことがあります。

例えば、前回のブログでもご説明したように
シラカバやハンノキなどのブナ目では、リンゴや桃の
アレルギーも合併することがあります。
でも、リンゴや桃の項目で血液検査の
アレルギー検査をしても陽性にならないことが多いんです。
よく経験します。
そのため、交差反応のあるハンノキやシラカバを
一緒に検査をして総合的に判断しています。
もし交差反応のある花粉で陽性であれば、
その果物もアレルギーがある可能性があると判断
するのです。
(プリックテストでは陽性にでることが多いです)

この具体的な例について、千貫祐子先生より
ご提示くださいました。

豆乳を飲んだら口の中がしびれ、息苦しくなった。

皮膚科にいって大豆を検査した。
陽性の結果はでなかった。

「大豆のアレルギーではありませんね」

そうとはいいきれないのです!!

大豆を食べたことによって、大豆のアレルギーに
なってしまった方は、血液検査のアレルギー検査で
陽性になりやすいのですが、
花粉症(ハンノキ)になり、同じ成分をもつ大豆に
感作されてなった大豆アレルギーは、血液検査で
陽性になりにくいのです。

ちょっと難しいですが、その反応している成分は、
アレルギーコンポーネントといいますが、
アレルギーの獲得経緯によってそれが異なることがあります。
例えば大豆を食べて感作された場合は、Glym5、Glym6、
花粉で感作された場合にはGlym4です。
一般的なアレルギー検査のIgE RASTでの大豆の検査では
Glym4に反応しないため、花粉で感作された大豆アレル
ギーの人は、アレルギーがあるのに陽性にでないのです。
したがって、検査の際は大豆とハンノキの両方の検査が
必要になります。
千貫先生のお話によると、大豆アレルギーの人で
大豆で検査で陽性にきちんとでる人は、わずか26%、
でもハンノキを同時に調べることで、花粉症とともに
アレルギーになった大豆アレルギーの人も正しく
チェックできるということです。

当院でも、問診の際に花粉症やアレルギー性鼻炎の
既往などについて、一見関係なさそうなのに細かく
しつこく( *´艸`)聞いているのは、このためです。
引き続きご協力くださいね ♪

 

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★