八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

ニキビ治療薬のBPO ようやく厚労省より新薬として製造販売の承認がされました!

当院では2年以上前より導入している
ニキビ治療薬のBPO(過酸化ベンゾイル)が
ようやく保険診療で処方が可能になります。
来春の予定です。
これまで自費でご購入いただいていた方、
朗報ですね。

BPOは、これまでの抗菌剤の塗り薬とは
異なるアプローチで抗菌作用を示します。
いわば消毒液の軟膏のようなもの。
したがって抗菌剤の効かなくなる「耐性」
が生じません。
BPOは1960年代から多くの国で尋常性ざ瘡(にきび)
の治療に使用され、欧米の治療ガイドラインにおいては
標準的な治療薬として位置づけられていたにも
関わらず、抗生物質天国の日本では、かなり遅れて、
ようやく海外の医療レベルに届きました。
欧米など40か国以上でとっくの昔に承認済み
のお薬です。
やたらと抗生剤を飲んだり塗ったりする
安易な治療から、少しは意識が変わると
安堵しています。

このBPOは、抗菌作用のみでなく、
ピーリング作用や美白作用もあります。
毛穴のつまりを除去して、にきびになりにく
い肌へ誘導し、またニキビ跡の色素沈着も
改善されることが多いです。
(美白作用については、5%BPOの使用経験に
よるものです。BPOは小麦、歯の漂白にも使用
されています。)

「ベピオゲル2.5%」

当院で使用していたものは5~10%でしたが、
欧米人にくらべて皮脂の少ない日本人では、
今回のベピオゲルのように2.5%でも
効果にはそれほど差は生じないのではないかと
思っています。
報告によると、皮膚刺激の発生頻度は
ベピオゲルで8.3%、BPO5%のものでは12.3%と
なっていますので、濃度だけでなく、基剤の工夫もある
のかだいぶ刺激を軽減できている印象です。
ディフェリンゲルとの併用もしやすいのでは
ないかと考えています。

BPOは基剤によって刺激感にかなり差があります。
また、ディフェリンゲルと同様に、
有効かつ刺激を軽減して使用するには工夫が必要です。
使い方次第で、使いにくい!となってしまったり、
効果が実感できない!となりがちです。

BPOの使用経験の長い私に、お任せください♪

残念なことに、このベピオゲルは、
12歳未満の方にはまだ使用できません。
思春期ニキビの方に特に有効であると
感じていますので残念です・・・。

処方開始の詳細が分かりましたら
またこのブログでお知らせいたします。

処方開始までに、お試しになりたい方は
クリニックで処方しております(自費)

BPO 5%  57g  ¥4,320

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★