八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

当院でミノキシジルタブレット(内服薬)を処方しない理由

男性の脱毛症(AGA)の進行を食い止められる
治療は今のところ
唯一プロペシア(成分:フィナステリド)

しかありません。
実際には進行を抑えることはかなり有効なうえに、
ある程度の発毛効果も期待できます。
当院ではAGA治療を10年間近く行っています。
そして月に数百人の方が受診されています。
その方々はフィナステリドの服用とミノキシジルの
塗り薬のみでほとんどの方が充分満足のいく結果を
得ています。

中にはもう少しM字部分を増やしたい、
頭頂部がだいぶ目立たなくなったが一部まだ
発毛が充分でないなど
さらに増毛を希望される方に

HARG療法を追加治療しています。
90%以上の発毛効果であるうえに、
現在まで副作用の報告はありません。
またフィナステリドは女性には基本的に服用
できません。
有効な治療法の少ない女性の治療の中で
もっとも安全で効果のあるのは今のところHARG療法と
考えています。

HARG療法について>>>

ほかにも男女ともに有効なお薬があります。
それはミノキシジルタブレット
もともとは高血圧のお薬です。
血行改善効果を利用しています。
非常に有効です。
育毛治療をご希望されている方には
一応ミノキシジルタブレットの有効性に
ついてはご説明しておりますが、
長期服用におけるリスクの可能性を
ご説明しておりますので希望される方は
いらっしゃいません。

当院ではすべての病気において、
お薬の服用をみなおして、

お薬にばかりにたよらない治療を目指しています。
そして健康で楽しくアクティブなエイジングを
送っていただくことをモットーにしておりますので
ミノキシジルタブレット(内服薬)は
処方いたしません。

もともと高血圧のお薬であるこのミノキシジル
タブレットを長期間服用し続けることは、
さまざまな見えないデメリットを引き起こす可能性
があります。
したがって私の大切な家族や友人には服用させて
いません。
そして私の周りの医師も、患者様には処方する
けれど先生ご自身は服用していないという方
ばかりです。

そして当院にはこれまでに、ミノキシジルタブレットの
服用による副作用で受診された方が多くいらっしゃ
います。
女性の服用による全身の多毛。
顔や体に男性のような濃い毛が生えてしまい、
レーザー脱毛希望で受診された方。
男性のEDなどです。
いずれも服用中止で改善していますが、
ミノキシジルタブレットによる副作用で
あることに気がつかずに服用を続けている方が
いることも考えられます。
ミノキシジルタブレットを服用している方で
以下の症状に心あたりのある方はご相談ください。

 

ミノキシジルタブレット服用によって
おこりうる副作用

○ 頭痛、めまい、動悸、息切れ
血管拡張作用により血圧が低下するため、
心臓が過剰に血液を供給しようとする働きから起こり
ます。
服用しはじめは軽度のこれら副作用は、
半数程の患者様にみられます。
服用を続けると体がなれ症状がなくなるケースが
多いとされています。

○ 多毛症
全身の体毛が濃くなる症状で、もっとも訴えの多い
副作用です。
男性の方では気がつきにくいですが、女性では顕著な
場合が多いです。

○ 赤ら顔、皮膚の潮紅
血管拡張作用により毛細血管が開くことで
生じます。

○ ED(勃起不全)・性欲減退
ミノキシジルの薬理作用からは理由は不明ですが、
事実このような副作用の事例があります。
ただし精神的な要因も考えられます。

○ 血圧低下
もともと低血圧ぎみ方が服用すると、
さらに血圧を下げてしまうため非常に危険です。
そして各臓器への血流量が低下するため、
長期間の服用は臓器の機能低下を生じる可能性が
あります。

○ 初期脱毛
服用開始時期に、一時的に毛髪が多く抜ける症状です。
原因は解明されていません。

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★