八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

睡眠導入剤を飲みはじめる前に~副作用のないメラトニン~

50歳台ころから
「なんだか寝つけない」
「眠りが浅い」
「途中で目が覚める」
など眠りに対するご相談が増えます。

病院へいくとすぐ睡眠導入剤が処方されて
しまいますが、一度飲み出すと依存しやすいのです。

どうして年齢とともに睡眠の問題が生じるのか。
ホルモンの影響が大きいです。

img043
メラトニンというホルモンは
体内時計の調節をしていて、
睡眠と覚醒のサイクルをコントロールしています。
年齢とともにメラトニンの分泌量は低下し、
またそのホルモンの働きも鈍くなります。
そのため睡眠の障害が生じやすくなるのです。

保険診療では、その原因の解決(solution)ではなく、
あくまで眠らせるためだけのお薬を使用します。
このお薬はその依存性や禁断症状のため、
イギリスでは1ヶ月以内しか処方ができませんが、
日本ではだらだらと永遠に飲んでいる方が多いのです。

当院では時差ボケ睡眠障害睡眠導入剤を飲んでも
充分な効果のない方に対して、
メラトニンを処方しています
睡眠の質や深さを改善するのみでなく、
気分の改善にもなることがわかっており、
メラトニンの低下によるイライラを改善
してくれます。
また、睡眠障害に対しての治療としてではなく、
非常に強い抗酸化作用があり、老化防止や
癌予防としての効果が期待されています

睡眠導入剤飲むよりも
メラトニンのほうがいいですよね♪

すでに睡眠導入剤を服用している方は
最初は併用して、徐々にお薬を減らして
メラトニンの補充に変えていきましょう。

メラトニン(3mg)10錠 ¥1,620(税8%)
1日1錠 就寝1時間前に服用

* 健康保険はご使用いただけません。
*NuVision Pharmacy(USA)より輸入しております

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★