八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

保険診療で処方するホルモン剤とナチュラル(天然型)ホルモンの大きな違い!!!

当院では、年齢とともに減少するホルモンを
補充して女性の更年期治療、男性更年期治療の他、
健康維持、病気の予防、アンチエイジング
に役立てています。

保険診療で認められている
女性更年期症状に対する女性ホルモン補充療法
も行っておりますが、合成ホルモンのため
副作用があり長期間の使用ができず、
急激に低下する更年期の5年間のみの使用とい
うのが日本の現状です。
しかも、性ホルモン以外にも年齢とともに減少する
ホルモンは多種類あります。それによる不調、心臓血管
障害、メタボリクシンドローム、骨粗鬆症、うつ状態
などの原因となることがありますが、他のホルモンの
補充については日本の保険診療ではケアすることが
できない状況です。
海外に比べると非常に遅れています。
なんとなく、保険診療で処方されるお薬は安全である
というイメージがあると思いますが、実はそうでは
ありません。

 

まずは、保険診療で処方される合成ホルモンと、
トータルホルモン補充療法で使用するナチュラル)
(天然型)ホルモンとの違いですが
合成ホルモンは人のホルモンに近づけたあくまで
似た作用を示すお薬にすぎません。
プレマリンのように馬の尿からつくられているもの
であったり、天然の材料であるといってもあくまで
ホルモンとは別のものすなわちお薬であるため、
代謝産物として有害な物質が残存したり、体内の
のホルモンでは作用しないような作用すなわち
副作用がおこり得ます。
それが長期の使用による発がん性と血栓症などの
リスクに由来しています。
しかも本来本当のホルモンで補充すれば得られるがん
予防の効果や心臓血管系の病気の予防効果は期待
できず、ただ単に、更年期症状を抑えることと、
膣の乾燥感を抑えるのみの効果に等しいのです。
本来のホルモン補充によるさまざまな疾患の予防
効果の恩恵は少ないです。
このことは医師でも知らない人も多くいますし、
婦人科の先生ですら知らない方もいらっしゃいます。
したがってホルモン療法をお受けになる際に、保険診療
以外の説明はなされず、ナチュラルホルモンを選択する
機会がないまま合成ホルモンによる治療を受けてしまっ
ている場合もあります。
このような保険診療に不利に影響する情報は、
私たち保険診療医にはまわることが少なく、みなさまへ
も情報が伝わることが少ない日本の医療の現状なのです。

 

そして女性ホルモンや男性ホルモンだけを補充すれば
いいわけではありません。
年齢とともに減少するホルモンは性ホルモンのみ
ではありません。
img043

 

 

 

 

したがって当院では性ホルモンの補充ばかりでなく、
低下するとさまざまな不調の出うるホルモンの分泌状態
について検査をして、最適値(オプティマル)に整えます。

トータルホルモン補充療法で整えるホルモンの種類について

トータルホルモン補充療法で使用するナチュラル
(天然型)ホルモンはバイオアイデンティカルな
ホルモンです。
私たちの体の中に存在するホルモンそのものであり、
合成ホルモンのように似た作用を示すお薬では
ありませんので副作用はかぎりなくありません。
ですがこの天然型ホルモンは特許が取得できず、
製薬会社さんの利益はないため日本では作ろうとは
決してされません。したがって日本での現状は、
海外からの輸入することとなっています。
でも輸入して保険診療で天然型ホルモンを使うこと
になると日本の合成ホルモンは売れなくなります。
私たちの健康はこんな理由で奪われています。
これがいまの日本の医療の現状です。

 

知っている人だけが救われる医療であってはならない。
私はこのような情報を皆様にキチンと提供しつつ、
治療法を選んでいただきたいのです。
輸入しなければならないナチュラルホルモンは
どうしても費用がかかってしまいます。したがって
このつらい更年期の期間だけは保険診療で合成ホルモン
を使用して、その後は健康や病気の予防のために
ホルモン補充療法を継続するかによって決める。という
のも選択肢の一つです。
私は皆様に、いつでも治療の選択肢をたくさんもって
いただき皆様にとって最適な治療をお選びしたいと
思っています。

個々の医師が、海外での医療事情など自ら向上心を
もって常にグローバルな視点で調べていないと知ら
されないこのような情報はまだまだたくさんあります。
スキンソリューションクリニックおよびアクテイブ
エイジングClubでは、皆様を家族や友人のように
思っています。
ですからたくさんの情報をご提供し、たくさんの
選択肢から健康維持のためのケアをしていただきたい
と考えています。

 

 

 

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★