八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

トータルホルモン補充療法について  by(まもなく開設) アクティブエイジングClub

トータルアンチエイジング
アクティブエイジングClubは来月開設をめどに
準備を進めております♪
logo_1-1

 

 

ご希望の方にはすでにはじめている
ホルモン補充療法ですが、
アクティブエイジングClubでは、
保険診療内での最小限の補充療法も行いますが、
トータル(総合)ホルモン補充療法
すなわち性ホルモンなど特定のホルモンの
補充だけでなく、数々あるホルモンの加齢による
減少を総合的に診断し、最適値に補充して
体全体を健康で若々しくする理想的なホルモン補充療法
を行います。
体のホルモンは全体のバランスが大切です。
そしてひとつのホルモンだけを補充しただけでは、
病気の予防や健康で若々しいエイジングを
おくることは難しいのです。

日本の保険診療は予防医学が遅れています、
そして医療経済の破綻からその内容はとても貧相な
ものです。
現状としては、いまだ最小限の性ホルモンの
補充しかできず、充分ではありません。
そして使用できるお薬も古典的でさまざまな副作用が
あります。
日本の保険診療は製薬会社に握られているため、
より高品質な進化した安全な薬剤を柔軟に取り入れ
られないシステムが出来上がっています。
決して安全性に慎重なばかりではなく、
うけいれられない日本の医療における事情が根底に
あります。
このことに対する改革はまだまだ時間を要します。
したがって、より安全でエビデンスのある治療は、
保険診療にこだわらず、皆様自身が判断して
健康をつかむことが必要です。


アクティブエイジングClub
では、
米国でのナチュラルホルモン補充療法を取り入れ、
最先端のホルモン療法をご提供します。
米国における総合ホルモン療法の先導的医師
Dr.Rouzierと提携し、彼の処方をもとに、
みなさまひとりひとりにテーラーメード処方を
ご提供いたします

このトータルホルモン補充療法で用いるお薬は、
ナチュラルホルモンとも呼ばれ、お薬というよりは、
私たちの体のホルモンに限りなく近づけた
バイオアイデンティカルホルモンです
保険診療で使用しているホルモン剤は私たちの体の
ホルモンとはことなった合成ホルモンです。
なぜそれをいまだ日本では使用しているのか?
製薬会社は合成ホルモンでないと特許が取得できず
儲けにならないから。ただそれだけです。
安全性重視ではありません。
そしてホルモン補充療法における副作用の多くが、
合成ホルモンであるがゆえのものであることを
皆様にお知らせした上で、どのようなトリートメントを
ご希望するかは皆様しだいです。
そんな合成ホルモン剤を、いまやにきび治療や
PMSにまで多用されていることは非常に心配です。

アクティブエイジングClubでは、さまざまな医療情報
をグローバルな視点でご提供いたします。
真実は何か、正しい情報はどれかを追究し、
充分にお知らせした上で、治療を皆様とともに選択して
いきたいと考えております。

栄養解析オーダーサプリメントをはじめ
一部のサプリメント療法やホルモン検査などは
はじめております。
ご希望の際は私までご相談ください♪

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★