八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

お子さんへの放射線障害対策のビタミンCはどうやって飲ませたらいいですか?

放射線障害を予防するために
抗酸化サプリメントの補充をぜひ
お願いしたいのですが、どのように
取り入れたらよいかについてお問い合わせが
多いので、当院での投与方法をご紹介します。

お子さんにとりいれやすいのは
ビタミンCです。
吸収率を考えるとリポソームタイプが
理想的ですが、美味しくないし高価なので
当院ではビタミックスという粉状のものを
処方しています。砂糖不使用ですが美味しいです♪
そのままでも美味しく舐められますし、
ジュースにして飲むこともできます。

1袋に500mgのビタミンCが入っています。
1日1袋を飲んでいただいています。
ビタミンCの他にも成長に必要なビタミン補給、
集中力や能の機能をアップするビタミンBなども
含まれています。
えっ?子供にもサプリメント?って思われるかも
しれませんが、最近は食生活習慣により、大人以上に
必要栄養素が取れていないお子さんが多く、
落ち着きがない、多動、学力低下そして
切れやすい若者も必要栄養素の不足が原因と
なりうることがわかってきています。
放射線障害以外の目的も含めて
食事からの摂取が不足しやすいビタミンB群を含めた
マルチビタミンのビタミックスをすすめています。

そしてビタミンC単独で摂取するよりも、うまく活用
されてます。

これに加えて市販のお安めなビタミンCで摂取量を
調節して分割して補うのが良いと思います。
ビタミックス 1箱30包 ¥4,320(税8%)

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★