八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

機能性野菜をとろう!

むかしの日本人は今より粗食であったと
考えられますが、どのように栄養素を
とっていたのだろうか・・・?
という疑問が少しわかりました。

みてください!
50年前に比べると
現代の野菜に含まれている栄養素は
こんなにもうすいのです!!!

IMG_0380

同じだけお野菜を食べていても
ビタミンや鉄分が少ないので
十分に必要栄養素がとれていないのです。

 

でも先日「機能性野菜」というものを
知りました。

 

動脈硬化や生活習慣病の予防に効くスルフォラファンが
高濃度含まれたブロッコリーの新芽

XxHlqPQqC9oxKSK0HxkPJV3kTpDx26TlvykH0y57Pgvhwef2isVO9LRyeWegdWXQ[1]

 

 

 

 

リコピンが1・5倍のトマト

0309_l1[1]

 

 

 
などなど いろんな高機能野菜はたくさん!

本来含まれている栄養素の濃度が
高いものや、本来は微量でしか含有されていない成分を
多く含むものなど
最近はこの「高機能野菜」を多種
みかけるようになりました。

こういった科学的、医学的に質の高い機能性野菜を
作るなど、
健康な体を作る食材生産を担う「農」と、
病気を予防して健康な体をつくる「医」との協創、
すなわち「医農連携」
健康長寿社会の実現を見据えた
ライフイノベーションの一貫として
活動がすすんでいます。
このような野菜を海外にもたくさん輸出
できるようになると新しい輸出産業にもなりますね♪

ちょっと高いけど、もしかしたら
たくさんの量を食べるよりも効率がよく、
結果的には多くの栄養素を一度に取ることができて
安上がり!かもしれませんよ。

 

 

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★