八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

Drフェルナンデス来日インタビューより。

IMG_0205

2013.11月2日Drフェルナンデスによる
「有効な成分をより効果的に皮膚に浸透させる技術」
というテーマで講演がありました。

残念(T_T)
私は仕事で聞きにいけませんでしたが
12月2日発売のAERAの特別企画
その講演内容に関する記事が載っていました。

「結果を出すスキンケア」にこだわる彼は
最新の科学的知識に基づくスキンケアを今も
開発し続けています。

このオーラわかりますかぁ~~(^_-)-☆
71歳とは思えないパワー。
そしてセクシーさ
向上心のある人は美しい

 

さて、彼は言っています。
「私は老化は疾病だと考えています。
トラブルが発生しにくい、健康で力強い肌を
つくることが重要です。」
そうです。皮膚疾患になってから治療するのではなく
皮膚病にならないためケアが重要なのです。


皮膚がんのメカニズムと太陽光ダメージの関係の
研究をしていた彼は
「自然の老化は20%くらいです。
目に見える皮膚老化は、大部分が毎日浴びる太陽光の
積み重ねで蓄積したダメージが原因です。」と。

 

ではそのような光老化(太陽光からのダメージ)から
回復させるにはどのような成分が有効であるのか。
研究を続ける中で、現在は常識となっている
ビタミンAとビタミンCなどの抗酸化物質が、
活性酸素によるダメージから守るだけでなく、
ダメージからの回復を助けるためにも有効だと
確信していると言っています。

 

ではこのビタミンAは
肌にどのような効果を期待できるのか。
「本来あるべき肌の状態に変化していきます。
オイリー肌の人は通常レベルの皮脂の分泌となり、
また自然の日焼け止めとして、皮膚がんを防ぐ効果も
期待できます。
できれば若いうちからビタミンAを摂り、
肌の代謝レベルを上げていくことが重要なのです。」など。

 

私も以前より肌老化の予防には
ビタミンAが重要であることについて
お話してまいりました。
当院ではスキンケアはもちろんのこと
施術にはビタミンAを取り入れたものが
たくさんあります♪♪♪
さまざまな浸透系施術はありますが、
あくまでそれは一過性の効果のものが多い。
ビタミンAは効果の持続、蓄積させることによる
重要性が他とは異なります
一時的な効果にこだわらず、
長期的に肌のためになる治療を受けましょう(^_^)/

★関連ブログ「肌の老化を最低限にするためにできること
ビタミンAイオン導入

 

ただしビタミンAを取り入れたスキンケアは
使い方に熟知した者が、アドバイスしていかなければ
正しく効果的に安全に使用できません。
先日問題となったレチノール配合化粧品もそれが問題でした。
保険診療で使用されているニキビ治療薬の
ディフェリンゲルもビタミンAの一種ですが、
正しく使用する指導ができない医師が多く
最大限の効果を生かせていないのが現状だそうです。

安心で安全な化粧品は手軽に皆様自身で買える。
そしてビタミンAのように医師の診察・指導の必要なものこそ
クリニックで取り扱うべき!
私はそう思います。
このあたりのすみわけがもっときちんとできるようになれば
化粧品トラブルは減ると思っています。

私もDrフェルナンデスと同じ。
結果の出せるスキンケアや施術を心がけます。
ただ安心で副作用も刺激も全くないものだけを
するのならエステへどうぞ。
医師だからこそ、クリニックでだからこそ
安全に提供できるエステとは違う
効果のしっかりした治療をご提供するのが

私医師の役目であると思っています。

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★