八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

その不調 遅延型フードアレルギー(食物アレルギー)が原因の場合も・・・

原因のわからない頭痛やめまい、
難治性の皮膚病。
フードアレルギー(食物アレルギー)の場合も
あります。

フードアレルギー(食物アレルギー)には
2種類あります。
摂食して短時間でアレルギー反応が出る
即時型フードアレルギー
摂取後6時間から24時間後になってからやっと
症状がでる遅延型フードアレルギーです。

即時型はIgEとよばれる免疫に関係する抗体が
関係しています。
食べて1時間くらいの間には、じんましんや発疹、
かゆみ、下痢、呼吸困難などが現れるため
比較的原因食物がわかりやすく、健康保険で検査して
調べることができます。

遅延型はIgGとよばれる免疫に関係する抗体が
関係しています。
遅延型フードアレルギーは症状がでるまでに
時間がかかるため、

その異常な症状が食べ物が原因であると
思いつかないことが多いのです

しかもその症状は発疹ばかりでなく、
頭痛、めまい、下痢、疲労感、うつ状態など
食事が原因とは考えにくい症状もありとても多彩です

発疹においても即時型で多い
じんましんはでることは少なく、
ニキビや湿疹やもともとの皮膚病の悪化
たとえばアトピー性皮膚炎の悪化などにあらわれること
があります。

残念ながらこの遅延型フードアレルギーについては
まだまだ日本では認識のうすく、
保険診療でできる即時型のアレルギー検査で陰性であると、
食物の影響ではありませんと病院で言われてしまう
こともあります。
また健康保険の適応がないうえに、欧米では常識な
この検査ですが、日本ではまだ行えないため当院でも
アメリカへ検体を送り、検査を依頼しています。
したがって検査結果がでるまでには約2~3週間
かかります。

この遅延型フードアレルギーは,
同じ食品を続けて多く摂取することでおこります
健康や美容のためにと多く食べているものや、
好きで頻回にたくさん食べているものが原因になり
やすいのです。
過剰に摂取した食材が消化能力を超えてしまい、
腸管の膜のフィルターのような部分につまり、
それを体が異物と認識してアレルギー抗体をつくり
だしてしまいます。
したがって
遅延型アレルギーになってしまっている
その食材を6か月食べないようにすれば

アレルギーは消えてしまうことがほとんどです

原因のわからないからだの不調や治りにくい肌の不調
がある場合には
一度検査を受けてみられるのもよいかもしれません。

「遅延型フードアレルギー検査の考え方」>>>

 

<検査項目 96種類 ジャパニーズフード>

乳製品:カゼイン、チェダーチーズ、カッテージチーズ、
牛乳、ホエイ(乳清)、ヨーグルト
フルーツ:りんご、アボガド、バナナ、カンタループ
メロン(オレンジ色果肉)、チェリー、ココナッツ、
ブドウ、グレープフルーツ、キウイ、レモン、マンゴ、
オレンジ、パパイヤ、桃、パイナップル、いちご、スイカ
魚介類:アワビ、ハマグリ、タラ、カニ、イカ、牡蠣、
キンメダイ、鮭、スズキ、エビ、マグロ
スパイス:カレー粉、ジンジャー、マスタード、
ブラクペッパー、チリペッパー、バニラビーンズ、
肉・鶏:牛、鶏、卵白、卵黄、ラム、豚
穀物・豆・ナッツ:アーモンド、いんげん豆、あずき、
大豆、さやいんげん、蕎麦、カシューナッツ、トウモロコシ、
小麦グルテン、ヤエナリ、オート麦、ピーナッツ、
ピスタチオ、玄米、白米、ライ麦、ごま、くるみ、全粒粉、
野菜:たけのこ、もやし、ニガウリ、ブロッコリー、
キャベツ、人参、カリフラワー、セロリ、きゅうり、
ナス、にんにく、昆布、ポロネギ、レタス、きのこ類、
オリーブ、たまねぎ、ピーマン、さつまいも、じゃがいも、
かぼちゃ、ほうれん草、トマト
その他:ココア豆、コーヒー豆、はちみつ、さとうきび、
緑茶、パン酵母、ビール酵母

 

★ 料金 ★

遅延型フードアレルギー検査 (96品目セット)
1回 ¥27,000(保険適応外です)(税8%)
*小さなお子様も検査できます。(保険適応外です)
初回カウンセリング料¥3,240  再診料¥2,160が別途必要です

「遅延型フードアレルギー検査」
「遅延型フードアレルギー検査で陽性になってしまったら」

 

 

  カテゴリ:★ 院長ブログ ★, 未分類