八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック Rotating Header Image

陥入爪(巻き爪)

巻き爪になる原因は
●生まれつき爪が大きい、
●湾曲が強い(そりが強い)
●爪の切り方が悪い
(爪の端を短く切りすぎ、皮膚に食い込んでいる)
●爪白癬(爪水虫)があり爪が厚くなったり、
湾曲が強くなっている

など様々です。

まずは原因を診断し適切な爪のケアを行います。
重度の陥入爪は手術も行います。
皮膚を少し切開して爪の根本の細胞をとって焼灼し、
くい込む部分の爪が生えないようにする方法や
皮膚は切開せず薬品で爪の細胞を破壊する方法などが
あります。

以前に他で手術をうけて術後しばらくは調子が
良いのですが、
長い年月をかけて爪が変形してしまっている
(さらにくるりと貝のように巻いてしまう)症例を
たびたびみます。
したがって当院では特に年齢の若い方への手術は
できるだけ行わず、
保存的な方法で治療をするように心がけております。
ただしお痛みが強く、症状の強い場合には手術を
行っています。

なお自費診療では
痛くない巻き爪治療 巻き爪クリップによる矯正や
形状記憶チタンによる矯正治療も行っております。
詳しくは>>>

まずは皮膚科の保険診療のご予約をお取りください。
(手術は形成外科医師が担当、自費巻き爪クリップや
形状記憶チタン爪矯正は
皮膚科医師が担当いたします)

 

  カテゴリ:陥入爪(巻き爪)